槍ヶ岳の初心者ルートを紹介!難易度は?

甲信越地方
スポンサーリンク

槍ヶ岳とは

 

  • 長野県松本市・大町市・岐阜県高山市の境にある山
  • 日本百名山の一つ。日本で5番目に高い標高3,180mの山

槍沢ルート

一般的には槍沢ルートが良いとされます。

2泊か3泊で行く事を勧めます

槍沢ルート:上高地-明神-徳沢-横尾-槍沢ロッジ-槍ヶ岳

  • 登り 11時間30分(実際に登ると約8~9時間)
  • 下り 8時間30分(休憩しながら下ると、それくらい)

Googlemapより

山と高原地図より


 

槍ヶ岳の宿泊数別 参考時刻表
  2泊3日 1泊2日(キツイ)
  1日目 1日目
①上高地バスタ 10:00 6:00
② 明神分岐 11:00 7:00
③ 徳澤 12:00 8:00
④ 横尾 13:10 9:10
  昼飯 30分 休憩 10分
④ 横尾 13:40 9:20
⑤ 一ノ俣 14:40 10:20
⑥ 槍沢ロッヂ 15:20 11:00
  2日目 昼飯 30分
⑥ 槍沢ロッヂ 6:00 11:30
⑦ ババ平テント場 6:45 12:15
⑧ 槍沢大曲り 7:40 13:10
⑨ 天狗原分岐 8:40 14:10
⑩ 殺生ヒュッテ 10:50 16:20
⑪ 槍ヶ岳山荘 11:30 17:00
  3日目 2日目
⑪ 槍ヶ岳山荘 6:00
⑫ 槍ヶ岳  6:30
  山頂タイム 30分
⑫ 槍ヶ岳 7:00
⑪ 槍ヶ岳山荘 7:20
  山荘に置かせてもらった荷物を回収。
⑪ 槍ヶ岳山荘 7:30
  下山ー休憩しながら約8時間半。
①上高地バスタ 16:00
最終便バス 17:30まで上高地バスタに到着すればイイ。

自宅からさわんどまで近い人なら一泊でいけるかもしれません。遠い人は2泊がいいです。


沢渡バスについて

  • 上高地バスタに行くには、「さわんどバスタ」か「さわんど大橋」で、切符を購入して、バスに乗る。
    • さわんど大橋が分かりやすい場所です
  • 乗車時間 @約40分
  • 片道料金 @1300円
  • 周辺駐車場 @一日700円ほど 約300台くらいか
  • バス始発5時

参考サイト

▲さわんどバスタ

①上高地バスタ

▲上高地バスタ1

  • 沢渡からバスに乗り上高地に到着
  • 売店、食堂、トイレ、郵便局が周辺にあります。
  • 標高約1,500mある。

▲上高地バスタ2 @帰りのバス

 

▲かっぱ橋前

  • 5分ほど歩くと「かっぱ橋」。有名な場所ですね。
  • 観光地なので観光客が多い。

 

▲かっぱ橋

  • 槍ヶ岳ルートでは、かっぱ橋は渡らない。
    • 橋は結構、揺れる。
    • 渡ると、商店街が並んでる
  • 川を左側にしながら、進んで行く。

▲キャンプ場

  • 左右にキャンプ場がある。
  • この先、平たんな道が約3時間ほど続く。

▲トイレ

  • キャンプ場なので、トイレもある。
スポンサーリンク

② 明神分岐

▲明神分岐

  • かっぱ橋から約1時間歩くと明神分岐
  • 明神館がある。@トイレ、売店、食堂
  • ルートから外れるが、穂高神社奥宮がある @片道10分

▲徳澤ロッジ

  • 遠くから見た感じ、徳澤ロッジは、人の気配が無かった。

▲徳澤のテント場

  • 徳澤手前にテントが見えてきます。

③ 徳澤

▲徳澤園1

  • トイレ、診療所、テント、水場があります。ソフトクリームも売ってた。
  • 標高1562m

▲徳澤園2

  • 横尾を目指します

▲徳澤園

  • 徳澤園から、90度曲がって横尾へ。

▲猿

  • 山道に現れた猿
  • 数匹で群れをなしている
  • 人慣れしてる様子だった。
スポンサーリンク

④ 横尾

▲横尾

  • 横尾山荘、トイレ、自動販売機、大橋があります。

▲山道

横尾から進むと、川を左側にしながら、進んで行きます。

⑤ 一ノ俣

一ノ俣

写真機能が悪くなり、写真が撮れなかった(´;ω;`)スンマソ

記憶では、橋を渡り、一ノ俣という表札が立っていて、方向⇦が記されていた。

90度、左に曲がる感じでした。

次に二ノ又があり、そこまでは、平たんな道ですが、槍沢ロッヂ手前から登るようになります。

▲二の俣

一ノ俣も同じような案内板がありました。

⑥ 槍沢ロッヂ

▲槍沢ロッヂ 

  • 雨で写真がボケてます ><。
  • 宿泊場、ベンチ、水、トイレあり
  • 周辺展望なし
  • 休憩場として良い
  • 以後、登りが続く

⑦ ババ平テント場

▲ババ平テント場

  • 有料トイレ
  • テント料金は槍沢ロッヂに払う@30張
  • 休憩場

▲ババ平キャンプ場の案内板

⑧ 槍沢大曲り

▲槍沢大曲 案内板

  • 川を左にしながら、登る、それほど急登ではない。
  • 水が流れてる道が所々あったが、靴が少し濡れるくらいで、問題なく行ける。

⑨ 天狗原分岐

▲天狗原分岐

  • 休憩する人が多かった。
  • この辺りは野原が広がっていて、紅葉時は、キレイです@👇写真

 

▲天狗原の道 @紅葉時

  • この辺りは、景色もあり、心地いい登山が出来る。

▲天狗原を抜けて、槍ヶ岳が見えてくる

  • 風が強く、寒く、標高も高いので、この辺りは辛かった。
  • 登って行くと「坊主の岩小屋」というの修行僧が、籠ったと言われる屋根付きの岩場があった。

⑩ 殺生ヒュッテ

▲殺生ヒュッテ

  • 岩場を登って行くと、殺生ヒュッテが見えてくる。
  • 槍ヶ岳山荘に行く人は、少し遠回りになるので、寄らずに進もう。
  • 10月10日(祝日)の体育の日の前後に閉鎖する。
スポンサーリンク

⑪ 槍ヶ岳山荘

▲槍ヶ岳山荘

  • 槍がよく見える山小屋。
  • 泊まらない人も、ココで休憩して行くのが良い。

⑫ 槍ヶ岳

▲槍の穂先

  • 左側が登り、右側が下り。簡単に言えば、左側通行。
  • 写真が全てを語ってますね..

▲白い矢印があり、登り下りが記されてます。

▲槍ヶ岳 山頂手前のハシゴ

  • 槍ヶ岳山荘から槍ヶ岳まで約30分。疲れてなければ実際15分くらいで登れる。

▲槍ヶ岳

  • 登頂^^/
  • 10人くらいでいっぱいの広さ。
  • 思わず、自分で拍手👏した。

山頂の景色

▲槍ヶ岳山荘がみえます

▲よき展望^^

  • 殺生ヒュッテも見える
  • nice

▲剱岳、立山かな

▲遠くに富士山

YouTube動画で山頂景色👇

槍ヶ岳 山頂から

スポンサーリンク

難易度

大雑把に言えば、

  1. 上高地ー槍沢ロッヂ 平地
  2. 槍沢ロッヂー槍ヶ岳山荘 登山
  3. 槍ヶ岳山荘ー槍ヶ岳 クライミング

長時間歩く体力と槍先の岩登りの2つに分かれると思います。

長時間歩く体力

体力に合わせて、休憩しながら行く事が大事です。

山小屋泊も、自分の体力に合わせて、宿泊数を決めると良いです。

槍沢ルートは整備されているので、歩きやすいです。

普段からよく歩いておくといいです。

長く歩いても疲れない体にしておく事です。

また荷物を必要最小限にして、代わりに、お金を持って行き、山小屋で補給、休憩しながら行くのもありかなと。

槍先

  • 最後の槍先は、鎖場、岩場、ハシゴを20分登る
    • 疲れている時に登らず、槍ヶ岳山荘で休憩してから行くのがいいです。
    • 凍っていそうな朝や冬に近い時期は、避けるといいです。
  • 高い所が苦手とか、足がグラグラしちゃう人は、やめといた方がいいかな。
  • 剣岳より、鎖場、岩場、ハシゴは少ないです。
  • ヘルメット着用を忘れずに。
  • 体力的には懸垂が出来るといいかと思います。

山小屋紹介

槍沢ロッヂと槍ヶ岳山荘に泊まったので、その2つの山小屋を紹介します。

予約について

  • 同じ公式サイトから、予約出来きます。
  • 予約する際は、空き状況が、公式サイトに載ってます。
  • 土日祝から埋まるので、その日に予約したい人は早めに予約する事を勧めます。
  • 特に槍ヶ岳山荘は、早く予約が埋まります。

槍沢ロッヂ

槍沢ロッヂは、上高地~槍ヶ岳までの⅓ほどの距離の位置にあります。

食堂、乾燥室、風呂、充電ブース、トイレ、談話室、漫画雑誌、などあり、サービス内容は良かったです。

▲受付窓口

 上の看板が見にくいが書いてある内容は、以下。

  • 一泊2食(夕食+朝食/夕食+お弁当)¥13,000
  • 一泊3食(夕食+朝食+お弁当)¥14,500
  • 素泊まり¥9,000 宿泊のお客様のみご入浴できます
  • ババ平キャンプ場 使用料¥2,000

  *価格一人当たりの料金です

 

▲時間割

  • ちなみに、風呂時間は夕方16時前後

 

▲領収書を兼ねた「朝食+夕食のチケット」

  • 食堂に入る前に消毒液で、消毒して入場^^

夕食@17:00

 

朝食@5:30

 

▲夕食

  • ご飯、みそ汁、お茶 おかわり自由。@手を挙げるとスタッフが来ます
  • サバの味噌煮が美味しかった

▲食堂風景

  • 写真には写ってないが、TV,ストーブがあった。
  • TV映像は、夕食は槍ヶ岳のDVD、朝食時は、ニュースだった。


▲談話室 @2階

  • 夕食後、ココでゴロンと、寝転んだ。
  • 写真には写ってないが、奥に山の雑誌が沢山おいてあった。
  • 寒いのでストーブがあるのは良かった^^

▲漫画 @2階

  • 階段を上がった所に漫画が沢山あった。
  • 山関係の漫画が多かったかな
  • ARMSって漫画が、面白く就寝前まで読んでた@@

▲靴置き場 @2階

  • 下駄箱が2階にある。
  • 各寝床の前に設置してあります。
  • 1階に乾燥室があり、そこに靴を置いている人もいた。

▲寝床1

  • 一般人の利用する寝床。
  • 2段ベット式で、寝床前にカーテンがある。
  • 2段目のベットはライトが無かった

▲寝床2

  • 上級国民がの利用する個室。
  • 密にならず2人だった、対角に一人づつ。
    • 余談だが、寝息がうるさいおじいちゃんと相部屋になった。
    • ワイヤレスイヤホンのノイズキャンセリング機能が役立った。
    • イビキも多少、ノイズキャンセルする気がしました。

▲風呂 @1階

  • 温まるだけだが、汗を流せるし疲れも取れる
  • 入浴時間が決まってます。@夕方4時前後
  • 風呂がある山小屋って、かなり珍しい。
  • 人が少ない時は、時間別で男女兼用してました。

売店 @1階

  • コーヒー、カップラーメン、ポテチなどが、山価格で販売中。
  • 写真左下は荷物置き場

 

昼飯販売

  • 下山時に利用する人がいました
  • 写真右下バッチ販売もある。@500円

ココの荷物置き場で、不要な荷物を置かせてもらい、槍ヶ岳へ向かい、下山に回収しました。


自動販売機1

ジュース類

  • 缶ジュースは400円。ペットボトルは500円だったかな。山価格です。
  • 槍ヶ岳のスカーフも販売中。

自動販売機2

アルコール類

  • 缶ビールが主。
  • お好きな人はどうぞ。

空き缶は、玄関出入口前に空き缶箱がありました。

▲ドリンクサービス券 ゲットしました^^v

  • 2泊すると貰えます。
  • 下山時に利用させてもらいました

▲充電コーナー

  • 充電器は持参。
  • 消灯後は充電出来ない@20:00消灯
    • Wi-Fiは無い。
    • モバイルなら、玄関出た所なら、繋がります
スポンサーリンク

槍ヶ岳山荘

  • 槍が目前に見える、最も槍に近い山小屋。
  • 食堂、売店、談話室、乾燥室、充電ブース、自動販売機、などある。
  • 女性スタッフの対応が良かったです。

▲槍ヶ岳山荘と槍ヶ岳

▲チケットを購入して入場 @13,000円

寝床は主に2つ

一般人が利用する方

  • この廊下の左右に部屋があります。
  • 二段ベットの密な寝床です
  • 1部屋20人ほど

上級国民が利用する方

  • この廊下の左右に部屋があります。
  • 畳の部屋で、個室感があります。
  • 1部屋3人ほど

寝床の写真は撮り忘れました;

一般国民が利用する方に泊まりましたが、隣同士の距離は少なく、小さなカーテンで区切ってあった気がします

▲食堂 @昼飯

  • 牛丼を食べました。サイズは少し小さかったです><。

▲食堂 @朝食、夕食

夕方@17:00~

朝食@5:30~

ご飯、みそ汁、お茶 おかわり自由。


充電ブース1

右充電ブース2

充電ブース前に無料Wi-Fiがあるので、ネットが繋がります


▲乾燥室

  • 乾燥室に入る前に、名札があり、名前を記入して、物に取り付けます。

 

また写真は無いが、談話室があり、漫画、山雑誌、ストーブ、槍の写真が飾ってありました。

▲槍ヶ岳山荘にヘリが来た!

物資を運ぶヘリがきまた。

YouTube動画で👇

槍ヶ岳山荘に来たヘリコプター

スポンサーリンク

槍ヶ岳 下山

下山は以下のタイムテーブルでした。

5:30 槍ヶ岳山荘 朝食

7:00 槍ヶ岳 登頂 

7:30 槍ヶ岳山荘 出発 @荷物は7:30まで置けます

11:00 槍沢ロッヂ 荷物回収と休憩

16:00 上高地バスタ

  1. 槍ヶ岳山荘か~槍ヶ岳へ @朝食後
    • 朝食前だと、まだ暗く、寒く、凍って、滑りやすい。
    • 荷物を7:30に回収しに戻るので、それまで荷物を整理して、すぐに、槍ヶ岳に登って山荘に戻ってくる必要がありました。
    • 僕はヘルメットを持って行ったが、ヘルメットの貸し出しは槍ヶ岳山荘である、多分有料だろう@500円くらいかなと思う。
  2. 槍ヶ岳山荘~槍沢ロッヂへ
    • 坊主の岩小屋辺りは、白い矢印が岩に、マークしてあるが、それでも、下山の方向を少し間違えた。正規のルートで行かないと、ガレ場で下山しにくい。
  3. 槍沢ロッジで休憩
    • 槍沢ロッヂまで来たらだいたいの下山時刻が予想出来るので、最終便バス17:30まで余裕があると思ったので、休憩しました。
    • 槍沢ロッヂにより、置かせてもらった荷物を回収し、その荷物の中に、松本から来る道中に買ったリンゴがあり、ロッジ前のベンチで食べました^^
    • ジュース無料券があり、ロッジでポカリスエットをもらいました^^👆写真
  4. 横尾~上高地まで
    • 横尾から上高地バスタまでは、平たんな道で、約3時間。早めに歩けば、時間短縮できるかと思いますが、この辺りまで来る頃には、だいぶ疲れてます。気力で歩く感じです。

感想

槍沢ロッヂと槍ヶ岳山荘

当初の計画では

1日目 槍沢ロッヂ 宿泊

2日目 槍ヶ岳山荘 宿泊

3日目 下山ー帰宅

こんな予定でしたが、1日目、2日目に雨が降ってしまい、2日間、槍沢ロッヂに泊まった。

槍沢ロッヂに2日間宿泊

  • 退屈だったので、漫画、雑誌を読んだり、ストレッチをしていた。
  • 2日間泊まると、ジュース無料券を貰えるのと、食堂で優待席にしてくれた。
    • ストーブ近くで、TVが見やすい位置でした^^
  • 寝床も密ではなかった。

槍ヶ岳山荘 宿泊

  • 槍沢ロッヂで泊まって、翌日、槍ヶ岳山荘に泊まると、同じ人に会う。
  • 槍ヶ岳山荘は、密で、2段ベットでしたが、1段目に人が密に集中して、2段目は誰も居なかった。
    • 多分、掃除しにくいから、1段目だけ利用するようにしてもらっているのかなと思った。

共通点と相違点

  • 槍沢ロッヂも槍ヶ岳山荘も寒かったが、双方、ストーブが置いてあったのは良かった。
    • 消灯後はストーブは消す。
  • 洗面所は双方あるが、槍ヶ岳山荘は歯磨き禁止でした。槍沢ロッヂは歯磨きしてる人はいた。
    • 僕は、歯ブラシを持って行かなかったので、テッシュで歯をゴシゴシした。

時間とお金と体力が必要

槍ヶ岳に行って思った事は、

「時間とお金と体力が必要」

  • 社会人だと、行ける時間と行ける時期が、かなり狭い。7月~11中旬
  • お金は、宿泊費、交通費(バス賃、駐車料金、ガソリン代、ETC代)が特にかかる。約5万円
  • 体力は、長距離を長時間歩き、翌日も疲れが残って体力が回復しなかった><。

親からお金を借りてもいいし、会社で有給を取って時間を作ったりして、

なるべく、若いうちに行った方がいいですね。

今まで、行こうと思って行けなかったので、行けて良かったです。

スポンサーリンク

コメント