愛宕山(京都)の登山ルートと所要時間を解説!アクセスは?夏と冬の服装も紹介!

近畿、関西

渡月橋と愛宕山。愛宕山は左上の山。

スポンサーリンク

愛宕山とは

  • 京都府京都市右京区の北西部にある標高924mの山。
  • 全国にある愛宕神社の総本社。
  • 火の用心の神様が祀られている神社
  • 300名山の一つ。
  • あたごやま、あたごさん どちらの読み方でも良いようです。

登山ルート 3選

① 清滝から周回ルート

  • 車でアクセスする場合に向いてます。
  • 清滝~愛宕神社~清滝。
  • トータル時間 4h30m
  • 人気あるルート
コースタイム
場所 時刻 間隔時間
清滝 7:00
水尾分かれ 9:00 120
愛宕神社 9:40 40
月輪寺 10:20 40
清滝 11:30 70

*表参道ルートと月輪寺の間にある大杉谷ルートは、私道です。

*表参道を往復した場合は5hかかります。


以下写真で紹介。

▲表参道登山口の鳥居前(↓写真)で配っていた登山map(↑写真)

▲鳥居をくぐると犬がいます。

▲参道は、多くのお地蔵様が見守ってくれています。

▲休憩場1

▲水尾分岐の休憩場2

▲やっと山頂っぽいのが見えてきます

▲広い山頂。トイレもあった。

▲↑写真。歩いた先に、さらに階段が続いていた。この階段を上る前の右側に月輪寺へ行くルートがあります

▲登りきると愛宕神社があります。

▲神社の中は広いです。

▲神社内は混んでました。

▲下山は月輪寺方面へ行く。山頂分岐から徒歩5分程の所の展望が良い。

▲月輪寺

▲月輪寺のお店。

▲月輪寺の登山口に到着。

▲コンクリ道を歩き続け、表参道ルートの合流地点に行きます。

このルートを動画で紹介↓

愛宕山 清滝~愛宕神社~清滝
スポンサーリンク

② 清滝から登り、嵯峨水尾に下山

  • 公共機関でアクセスするのに向いてます。
  • 清滝~愛宕神社~嵯峨水尾小学校跡
  • トータル時間 4h00m
コースタイム
場所 時刻 間隔時間
清滝 7:00
水尾分かれ 9:00 120
愛宕神社 9:40 40
水尾分かれ 10:10 30
嵯峨小学校跡 11:00 50


▲水尾、清滝 合流地点の休憩場

③ 嵯峨水尾から往復最短ルート

  • 嵯峨水尾~愛宕神社~嵯峨水尾小
  • 最短ルートで3h10m。
  • 嵯峨水尾から登る人は少ない様子です。
    • 駐車場台数が少ない事やバス本数が少ない事が原因かと思われます
コースタイム
場所 時刻 間隔時間
嵯峨小学校跡 7:00
水尾分かれ 8:10 70
愛宕神社 8:50 40
水尾分かれ 9:20 30
嵯峨小学校跡 10:10 50

アクセス

  • 地元住民なら車。
  • 地元以外ならバスかレンタルで原付を借りるのが良い。
  • トイレは駐車場出た所の道路沿い隣にある。
  • 一般的には清滝からアクセスするのが主のようです。

清滝

  • ① 有料駐車場
  • ② バス停
  • ③ 駐輪場 バイク・自転車

  • 青木駐車場について
    • 住所:〒616-8451 京都府京都市右京区嵯峨清滝一華表町30−2
      • 同じ山が東京にもあるので、ナビ入力の際は、京都になっているか確認を。
    • 平日500円、土日祝日1000円。看板には1200円と表示されていた。
      • 有料で有人
    • 営業時間:6時30分~17時30分
    • 自転車・バイクは拒否される。
    • 表参道ルートで唯一ある駐車場。
    • 見た目だが約50台くらい
    • さくらやサイト
  • サイト 神社までの参拝道案内
  • トンネルとトンネル手前の道幅が狭く対向車が来たら道幅が広い所までバック。↓写真2枚

▲清滝トンネル中は狭く、車一台が通れる程度の幅。車ならライトを付けて行こう。

↑写真右側に自転車。清滝トンネル出口のバス停近くに自転車を停める人もいるようだ。

▲先の見えない狭い道路なので対向車が見えないため、対向車が来る度にバックしていた。

バス

駐輪場

▲自転車・バイクは、登山道の脇に置かれていました。

ちなみに表参道ルートと月輪寺ルートの分岐位置です。

嵯峨水尾

登山口近くは浄水場施設が目印。そこから左に白いガードレールが見える。登山道(参道)は、ガードレールの手前より左へ進む。

バス

  • 一日5本。
  • 水尾自治会バス
  • JR保津峡駅~嵯峨水尾まで約15分。徒歩なら60分。

▲JR保津峡駅 トロッコ列車

▲JR保津峡駅に並ぶタヌキ

  • 約8台程。
  • 無人で隣の建屋のポストに利用料金500円投入
  • 水尾集落内の50号線沿いにある
  • 駐車場隣にトイレ

*行った事が無いので詳細な場所は分からないが、水尾自治会バス停近くにあるようです。

夏と冬の服装

夏は

  • 汗をかくので吸水性が高い服が良いです。
  • 日焼けが気になる方は、長袖で帽子をかぶって行きましょう。
  • 運動靴でなく登山靴でないと滑ります。
  • 雨具、飲料水も忘れずに。

冬は

  • 12月~3月は雪があります。
  • アイゼンを持って行きましょう。
  • 雨、風を防ぐゴアテックスのウェアなどいいでしょう。

感想

愛宕神社

愛宕神社に祀られている神様は火の用心の加護があるようです。

登山道は、地元消防団が設置した禁煙の看板がありました。

3歳までに登ると火の災難が起きないとか。

自転車で移動

宇多野ユースホステルのレンタル自転車で一日500円で借りて、清滝登山口へ。

スマホのGooglemapの案内で行きました。(電池の消耗が激しいので予備バッテリーがあると良かった。)

コンビニや嵐山の「渡月橋」と「竹林の小径」に寄り道して約40分くらいかかった。

▲倉木麻衣の「渡月橋~君想ふ~」のミュージックビデオに出てくる橋。

渡月橋(とげつきょう)と読む。右上の山が愛宕山

▲竹林の小径は途中まで自転車で行けたが、中には入れず、また駐輪も出来ず、引き返した。

途中まででも、キレイでした。

この近くにローソンがあるので、そこが最後のコンビニになります。

嵐山から清滝までが、田んぼがあったり、林の中を通って登山口まで行きました。少し坂道なので、自転車はきつかったです。登山口にだけ行くなら原付が良いと思われます。

自転車で行くとスピードが遅い分、ゆっくり観光巡りをしながら行けます。

見たい所を止まって見て行けますので。

気持ちが落ち着く場所が多いかな 京都は。

京都は好きだけど、混まない時を狙って、行きたいね。

またの機会に^^

スポンサーリンク

コメント