武尊山の日帰り登山ルート!難易度別に紹介!アクセス情報も!

関東
スポンサーリンク

武尊山とは

  • 群馬県利根郡みなかみ町、川場村、片品村の境に位置する標高2,158mの山
  • 山岳信仰あり、修行僧の霊場。
  • 武尊山(ほたかやま)と読む、由来は日本武尊(やまとたけるのみこと)の故事より。
  • 沖武尊を最高主峰とし標高が高い順に以下の表にしました。
武尊山の峰々
沖武尊 2,158m
中ノ岳 2,144m
家ノ串 2,103m
前武尊 2,040m
剣ヶ峰 2,083m
剣ヶ峰山 2,020m
獅子ヶ鼻山 1,875m
西峰 1,871m

 


▲武尊山の沖武尊からの展望

日帰りルート

初級

駐車場ー沖武尊の往復。

  • 登り:3h15m
  • 下り:2h20m

山と高原地図より


以下、写真で説明

▲駐車場から砂利道を歩いて行くと分岐があります。

  •  左へ行けば武尊山へ
  •  右へ行けば剣ヶ峰山へ

▲沢を渡り、進んで行くと手小屋沢避難小屋の看板があります。

 避難小屋へは写真の位置から下って徒歩5分くらいですが、武尊山方向ではないので、また戻って来ないといけない。面倒だったので、行かなかった@@;

▲最初の鎖場。

鎖場は4カ所あります。

▲4番目の最後の鎖場。20mくらいあるラスボス。

登りきって、すぐ右にある小さな広場が景色が良い

▲4番目の鎖場を登ったら見える景色

▲景色を楽しみながら、最後は尾根沿いを歩きます。

 雲がかかっているが富士山が見えました。

中級

駐車場ー沖武尊ー剣ヶ峰ー駐車場の周回。

  • 登り:3h15m
  • 下り:3h10m(剣ヶ峰経由)

山と高原地図より


以下、写真で説明

 武尊山までは初級と同じなので武尊山から剣ヶ峰経由で下る所を解説します

▲沖武尊から下る所は、石だらけで滑りやすい。

▲剣ヶ峰山 

沖武尊からも見える。人が立っているのも見えます

▲剣ヶ峰山からの景色

▲剣ヶ峰山の山頂の広さは通路のみ。

▲剣ヶ峰から見る沖武尊と沖武尊までの登山道

▲剣ヶ峰からの下山は、相変わらずの悪路。

▲悪路は2h続き、平たんな道に出ると沢を4回ほど渡ります。

▲分岐に戻ります。

上級

ココでは詳しく紹介しないが、東側と南側にあるスキー場から2ルートある。

登りが5時間以上になるので、日帰り、初心者向けにはならない。

スポンサーリンク

アクセス

  1. 武尊山・裏見ノ滝駐車場
  2. 武尊沢林道終点駐車場

ナビで「宝台樹キャンプ場・自然花苑」を登録・検索してキャンプ場から、そのまま一本道で進んで行くのが良い。

宝台樹キャンプ場・自然花苑

  • 住所:〒379-1721 群馬県利根郡みなかみ町藤原915−1
  • 電話:0278-75-2206

①武尊山・裏見ノ滝駐車場

▲武尊山・裏見ノ滝駐車場

コンクリ道の最終地点、またコンクリの駐車場なので、駐車しやすい。

裏見ノ滝駐車場(うらみのたき)と兼ねている。

  • 駐車台数:30~50台
  • トイレ:あり 最終地点のトイレ。
  • 登山ボックス:あり

 

▲駐車場にあるトイレ

▲駐車場にある登山届

②武尊沢林道終点駐車場

▲武尊沢林道終点駐車場

「①武尊山・裏見ノ滝うらみのたき駐車場」から砂利道を約7分で到着。徒歩だと35分。

凸状の大石が所々あり、パンクが心配です。

  • 駐車台数:10台
  • トイレ:なし
  • 登山ボックス:なし

▲行く途中に小さい武尊神社がある。

みなかみ駅からタクシーでココの武尊神社まで。@約40分 8000円

▲砂利道を車で進んで行くと分岐の右に駐車場があります。

感想

武尊山・裏見ノ滝駐車場~武尊沢林道終点駐車場

武尊山・裏見ノ滝駐車場から登った。

トイレと登山届を提出して、武尊沢林道終点駐車場まで車で行っても良かった。

パンクが心配だったが、多分、大丈夫だったかなと思う。

スペアタイヤも載せている車だと良い。

途中の武尊神社で登山安全を祈願した。

帰りは後ろ向きに歩いたりして疲れを軽減させた。

最後、下山届を出した。

バッチ販売

武尊山のバッチは途中にあるキャンプ場に売っていた。

620円と若干高め><

武尊山からの景色

梅雨明けの晴天日に登山したため、景色は良かったです^^

やけに、トンボが多く飛んでいた@@

最高の景色と心地よい気温で気分上々だった。

富士山が、雲で見えなくなるまで山頂に居残っていた。

動画を👇に載せておきます。

山ってイイね^^ではでは~

武尊山 沖武尊からの展望

スポンサーリンク

コメント